所有者が亡くなった車の処分方法ガイド

「急なことだし、車は誰も乗らないからどうしよう・・・」

事前に分かっていることでしたら、名義変更をして売却や廃車などにすることは可能ですが、あなたは突然のことで戸惑っているかもしれません。

結論から言うと、所有者はなくなっているため、家族の誰かが代理人となって廃車の手続きは可能です。

お住まいの運輸局に以下の書類などを持っていくだけで、処分は可能です。

・戸籍謄本または、除籍謄本
・印鑑証明
・実印
・免許証
・車検証とナンバープレート(2枚)

とは、ただ、廃車処理はかなり面倒ですし、お金がかかります。

・自動車リサイクル料(※8000円~10000円)
・解体費用(10000円)
・抹消登録費用(検査登録印紙代の350円)

手間やお金をかけずに、即日売却をしましょう

長年、愛用してきて自動車ですし、思い出がつまった車を廃車にするのは抵抗がある・・

という方は多いのではないでしょうか?

「せっかくなら誰かに使ってもらえれば・・・」
「でも、こんなボロボロで古い車だし、無理でしょうね・・・」

と思うかもしれませんが、10年以上、10万キロの車で買い取ってくれるお店はあります!!

また、

・即日査定
・名義変更などのやり方のアドバイス
・すばやく引き渡し可能

と車買取の専門家が担当しているため、安心して依頼できます。

「じゃあ、近所に買取店があるからそこへ持っていこう」

となりますが、100%売れるとは限りません。

なぜなら、お店によって「得意・不得意」があるためです。

つまり複数のお店から「あなたにあったお店」を探す必要があります。

「面倒くさい!」

というあなたへ、簡単な入力30秒で査定依頼ができ、自宅まで出張査定に来てくれるサービスがあります。

※ズバット車買取比較というサイトです。

私は、現在川崎市、という神奈川県内に住んでいますが、その際車買取を川崎市でするならというサイトを参考にして、
車を処分した経験んがあります。

必要フォーム事項入力後に”概算見積”がすぐにわかりますし、「ぜひ、ウチが引き取りたい!」
といったお店が必ずいます。

見積・査定についてもし満足できずに断っても費用は0円、完全無料ですので、ご安心ください。

車買取店との交渉術

「交渉・・・といっても何をどうすればいいのか?」

今からご紹介しますが、誰でもできる簡単な方法ですので、あまり難しく考えないでください

①できるだけたくさんのお店へ買取査定をお願いする

たとえば、家電量販店で冷蔵庫やテレビを購入する際「他のお店ではもっと安かったですよ」と指摘をすれば、交渉がスムーズに進みますよね。

中古車も同様で、いきなりお店をもちこんでも相手はプロですから、あの手この手をつかって言いくるめられてしまいます。

その時、(他の店はもっと高かったな・・・)といった知識が少しでもあれば、騙されずに済みますよね?

「そりゃ、わかるけどさ・・・そんなたくさんの業者さんを探すのは骨が折れるよ」

1店舗ずつ電話して、メールして・・・持ち込んで、ガソリン代や労力を使う・・たしかに効率が悪すぎます。

そこで、さきほどご紹介した「無料の一括査定サービス」を利用して、たった30秒たらずで近所の複数の買取業者に見積依頼をかけることが可能です。

②即決をしない

「うわー、こんな高い見積りなの?」

とあなたの予想を超えた金額が提示された場合、思わず舞い上がってしまうかもしれません。

ですが、慌てずにまずは冷静になりましょう。

よく業者が使う手法で「この金額は他店ではありえませんよ。即決していただけるのであれば、もう5万円プラスしますよ」
などといって、判断を迫る方法です。

ひと呼吸おいて、「すべての査定が終わってから、処分先を決めて、ご連絡をいたします」といって、即決をしないようにしてください。

③売るタイミング

基本、いつでもいいですが、もし可能なら月の中旬くらいに依頼をして、下旬に査定に来てもらう方法をオススメします

月初はノルマを達成について意識しませんが、中旬くらいから「ちょっとまずいな・・」となり、それが月末に近づくほど、焦りがでてきます。

そういう時に限って、焦って少しだけ提示額を上げてくれることがあります、

もちろん保証はありませんが、一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>