所有者が亡くなった車の処分方法ガイド

所有者が亡くなった車の処分方法ガイド

「急なことだし、車は誰も乗らないからどうしよう・・・」

事前に分かっていることでしたら、名義変更をして売却や廃車などにすることは可能ですが、あなたは突然のことで戸惑っているかもしれません。

結論から言うと、所有者はなくなっているため、家族の誰かが代理人となって廃車の手続きは可能です。

お住まいの運輸局に以下の書類などを持っていくだけで、処分は可能です。

・戸籍謄本または、除籍謄本
・印鑑証明
・実印
・免許証
・車検証とナンバープレート(2枚)

とは、ただ、廃車処理はかなり面倒ですし、お金がかかります。

・自動車リサイクル料(※8000円~10000円)
・解体費用(10000円)
・抹消登録費用(検査登録印紙代の350円)

手間やお金をかけずに、即日売却をしましょう

長年、愛用してきて自動車ですし、思い出がつまった車を廃車にするのは抵抗がある・・

という方は多いのではないでしょうか?

「せっかくなら誰かに使ってもらえれば・・・」
「でも、こんなボロボロで古い車だし、無理でしょうね・・・」

と思うかもしれませんが、10年以上、10万キロの車で買い取ってくれるお店はあります!!

また、

・即日査定
・名義変更などのやり方のアドバイス
・すばやく引き渡し可能

と車買取の専門家が担当しているため、安心して依頼できます。

「じゃあ、近所に買取店があるからそこへ持っていこう」

となりますが、100%売れるとは限りません。

なぜなら、お店によって「得意・不得意」があるためです。

つまり複数のお店から「あなたにあったお店」を探す必要があります。

「面倒くさい!」

というあなたへ、簡単な入力30秒で査定依頼ができ、自宅まで出張査定に来てくれるサービスがあります。

>>かんたん査定ガイド

必要フォーム事項入力後に”概算見積”がすぐにわかりますし、「ぜひ、ウチが引き取りたい!」
といったお店が必ずいます。

見積・査定についてもし満足できずに断っても費用は0円、完全無料ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>